blog

「スタイリスト育成コースの実施中!(見学可能)」

スタイリスト育成コースの参加者全員が集中して真剣に取り組んでいます。

本日はショートスタイルの授業です!

理論的に指導している、高木講師(↑)、菅野講師(↓)。

スタイリスト育成コースは、毎週水曜日にミアンビューティ目黒スタジオで実施中!

見学・無料相談を受け付けております。

03-5464-1487までお気軽にお問合せください。

▼次回募集の詳細はこちら▼

https://seyfertlearning.shop-pro.jp/?pid=165660966

「City&Guildsの授業がスタート!」

City&Guildsの授業が、今年も続々始まっています。

原宿ベルエポック美容専門学校、東京ベルエポック美容専門学校の授業の様子です。

両校の学生は合格に向かって短期集中授業を受けています。

カウンセリングやカット、カラーなど、新しい知識をたくさん得ました。

みなさん真剣な表情で課題に取り組んでいました。

合格に向けてがんばってください!

「新たなエグザミナーが誕生!」

2月~4月にかけて、日本各地で新たなエグザミナーが誕生いたしました。

2月21日~22日

東京会場では、5名のエグザミナーが誕生。

・株式会社ソシエ・ワールド 熊澤和成 様

・株式会社ソシエ・ワールド 田中覚 様

・有限会社星野 戸村圭佑 様

・有限会社星野 石垣吉裕 様

・株式会社ユーフォリア 松本元也 様

3月15日~16日

京都会場では、2名のエグザミナーが誕生。

・株式会社on 早﨑太生 様

・株式会社ヘアーメイクウィル 渡辺翔 様

4月12日~13日

福岡会場では、3名のエグザミナーが誕生。

・株式会社サラ 赤地将典 様

・株式会社サラ 瓜生葵 様

・株式会社Votan 福岡丈莞 様

研修後は、全国のCity&Guilds導入美容専門学校で授業の講師をしていただきながら、

エグザミナーとして「国際美容技能試験」の試験官にもなって頂きます。

ご参加頂きありがとうございました!          

リクエストQJ就職フェアでCity&Guildsブースを出展しました

4/18名古屋、4/19東京、4/22大阪で開催しました

リクエストQJ就職フェアにおいてCity&Guildsのブースを出展しました。

東京ブースの様子

国際ライセンスの取得を希望する学生や、海外渡航を希望する学生がたくさんブースにいらっしゃいました。

1日あたり40名近い学生の方にご着席いただき、お一人ずつじっくり対応させていただきました。

また、City&Guilds導入を検討する美容学校様、認定アカデミーにご参加中の企業様も数多く足を運んでくださいました。

皆様、お忙しい中ご足労いただきまして誠にありがとうございます。

ブースでは、運営スタッフとあわせてCity&Guilds認定アカデミーの講師 山田実・高木美佳も対応しました。

City&Guilds認定アカデミーの情報はこちら→ https://seyfertlearning.shop-pro.jp/

アカデミーにご参加いただいている株式会社Lish 副社長 岩瀬様との一枚。

ありがとうございます!

国際ライセンスや、アメリカやヨーロッパなど、海外渡航に関するご相談は随時受け付けております。

お電話03-5464-1487またはお問い合わせフォームhttps://japanbeauty-cg.jp/contact/までお気軽にご連絡くださいませ。

【C&G】東京エグザミナー研修を開催!

 

2021年5月17日、18日に 東京ベルエポック美容専門学校にて、

City&Guilds認定エグザミナー研修を開催しました。

 

今回の研修には、

 

株式会社ザ・キッド 八反田 恭次さま

株式会社ソシエ・ワールド 諸星 ニコライさま

有限会社ビューティショップアザミ 小澤 健太さま

■株式会社カプラス     萩野谷 憂希さま

株式会社オレンジポップ  伊藤 輝さま

株式会社オレンジポップ  横山 恵司さま

 

以上6名にご参加いただきました。

 

エグザミナーとは、『試験官』という意味です。

 

研修後は、全国のCity&Guilds導入美容専門学校で授業の講師をしていただきながら、

エグザミナーとして「国際美容技能試験」の試験官も担っていただきます!

 

 

1日目は、講師がモデルに施術をしながら、採点基準や客観的な評価方法を指導します。

 

C&G試験監修の山田実さん(左)と、講師の高木美佳さん(右)

  

2日目は、講師として、評価者としてのスキルアップトレーニングをおこない、

午後からは本番の試験と同じシチュエーションで採点方法を学びました。

 

 

 

合否はもちろん、学生の人生も左右する重要な役割です。

そのため、点数を決めるディスカッションの時間は、議論が白熱します。

 

 

2日間の研修はスキルアップの場だけでなく、

他社がどういった教育を行っているのか、どういったサロン運営をしているのか、

参加者同士で親睦を深める貴重な機会にもなりました。

 

研修を終え、最後にエグザミナー認定証を授与。

 

 

 

新たに関東エリアのエグザミナーが誕生しました!

長時間にわたる研修、ご参加いただきありがとうございました。

 

今後ともよろしくお願いいたします!

 

 

 

【第20回 コラム】 答えを教えない教育

 

2021年4月、皆様の企業には新入社員は入社しただろうか?

 

また、新入社員の皆さんは4月を終え、どうだっただろうか?

 

どのサロン経営者や幹部も、新入社員の教育で一度や二度は悩んだことがあるだろう。

いや、常々頭を抱えているのかもしれない。

 

逆の立場でいうと

 

どのサロンの新入社員も、

「成長できているか不安」

「上手く仕事ができるか心配」と悩んだことがあるだろう。

いや、今も不安でいっぱいかもしれない。

サロンにとってスタッフの「教育」は最重要課題の一つといえる。

 

なぜなら、スタッフが成長しない限り、サロンの売上増や発展はありえないのだから。

 

よりよいサロンにするためには、より良い教育が必要であり、

新たな商品やサービス、技術、機材を導入するのと同じく、

教育も新しくしていかなければならないのである。

 

教育を新しくするとは、例えば、書籍の英語辞典から、電子辞典に変え、

ネットやアプリの辞典というようにツールを変えていくのもひとつであるが、

今回お話したいのは教育方法である。

更にいうと「教育する側の教え方」である。

 

結論からいうと「答えを教えない教育方法」を新たな教育として近年、多くの企業やスクールなどが導入している。

 

なぜ、答えを教えない方法が注目されているのか?

 

ここ30年の日本の教育について簡単に振り返ると、今から30年以上前までは座学や記憶型の教育が主流で、

教師や講師が一方向的に教えることが「教育」であった。

  

しかし、今は「知識を実際にどう活用できるか、仕事や普段の生活にどう活かせるか」

の観点へとシフトしてきている。

 

つまり「受験勉強ができても、社会で通用するかは別」という話と同じである。

 

それは、社会は知識を覚えることよりも、考えて行動することの方が圧倒的に必要であり、

重要であるからである。

 

例えば、美容師でいうと、

 

「覚えなければならない仕事」

<例>

商品名、商品詳細、レジの打ち方、顧客管理の仕方

<特徴 >

知識としてひたすら頭に入れる

<ポイント>

正解はひとつ。教える中身は同じのためマニュアルなどで代用も可能

 

「考えなければならない仕事」

<例 >

お客様への接客施術、提案、スケジューリング、クレーム対応、SNS投稿etc

<特徴>

TPOに応じて自ら考え行動する必要がある

<ポイント>

正解も不正解も無限。考え方を伝え、失敗や成功体験を積ませ、成長を促す。

 

 

上記のとおり、覚えるだけで完了する業務はほとんどなく、

知識があること以上に、知識をいかに上手に使うかが求められる。

 

考えなければならない仕事を身に着けるためには、大前提として

「正解も不正解も無限」

ということを教わる側も教える側も理解していなければならないことである。

 

「可愛いショートボブにするためには、まずはバックを〇cm切り、次にサイドを…」

 

などと教える必要はない。

可愛くするのがゴールであるので、方法や手順はいくらでもあるのである。

 

正解不正解はいくらでもあるということを理解したうえで、指導者がおこなうべき教育は

 

1、考えさせる(行動させる)

2、考え方を伝える(行動の仕方を伝える)

3、考えたことをフィードバックする(行動したことをフィードバックする)

4、実際に活用する

 

例えば、「先日起こったお客様へのクレームに関する対応方法を考える」というお題を出したとして

 

1、クレーム対応方法を考えさせる

●正解不正解は無限にあることを伝える

   

2、クレーム対応に関する考え方を伝える

●お客様に満足していただくために対応をするのが目的

●お客様の気持ちを考えることが重要

●クレーム対応には、初動の早さが重要であること etc

 

3、フィードバックする

●やってみた感想を述べる

●指導者から「良かった点」「もっとこうした方が良いと感じた点」を伝える

●社内やサロン内で共有する

 

4、実際に活用する

●活用できた場合は、なぜそれができたかを共有する

●活用できなかった場合は、なぜできなかったかを共有する

 

このように「答えを教えない」ことをすることによって、

学習者は

「自らで考えたこと」と

「行動できたこと」

「行動できなかったこと」が

蓄積され、成長していくのである。

 

とはいえ、答えを教えない教育は

 

■時間や手間がかかる

■指導者のスキルが必要

 

特に「考えさせるより、教えてしまった方が楽」と考えてしまい、

どうしても諦めてしまう傾向がある。「答えを教えない教育」は根気が必要である。

 

私自身も「答えを教えない教育」に関する講習をおこなっているが、受講者からは「実際はなかなかうまくいかない」という言葉をよくいただく。

 

いずれにしても教育は一筋縄ではいかないことを念頭に置いたうえで、

ぜひ答えを教えない教育を検討していただきたい。

 

『答えを教えない教育法』(鳥原隆志 著 / WAVE出版)

 

上記書籍に「答えを教えない教育」に関する内容が詰まっている。

私が近年読んだ教育に関する書籍のなかでも、なかなかの良書だった。

教育に携わる方々にはおススメである。

 

教育の唯一の成功方法は、諦めないこと。

 

ぜひ、大切なスタッフを諦めずに育成してほしい。

 

 

2021年アシスタント育成コースが開講しました!

 

4月に、今年で9年目となる新卒生のアカデミー

「アシスタント育成コース」が開講いたしました!

 

今年は2クラスで約40名の方にご参加いただきました。ありがとうございます。

 

3月まで、合計182時間という長い時間をかけて

ヒューマンスキル(接客)とテクニカルスキル(技術)を学びます。

 

 

初日のオリエンテーションのようすはこちら↓↓↓

 

 

みなさん、初めての場所と人に囲まれて緊張しながらも

とても真剣な表情で講師の話を聞いていました。

 

1年後の成長がとても楽しみです。

 

これからもブログでラーナーのみなさんの成長のようすを

お届けしていきます!お楽しみに!

 

 

 

【C&G】福岡エグザミナー研修初開催!

2021年4月19日~20日の2日間、

福岡県の大村美容ファッション専門学校が保有する実習サロン「O.designs」にて

City&Guildsエグザミナー研修を開催いたしました。

 

研修には

 

株式会社BALANCE 大久保響綺さま

株式会社エフ 黒岩理さま

株式会社ase 山口麻代さま

 

の3名が参加。

 

また、アドバイザーとして、これまで多くの講師活動や試験官業務をおこなってきた

 

株式会社フィガロデザイン 萩井雅之さま

株式会社モードケイズ 松井康行さま

 

にお越しいただきました。

  

そして、大村美容ファッション専門学校の教員の皆様にもご参加いただきました。

 

参加者の皆様には2日間を通して、City&Guilds国際美容技能試験の採点方法や、

学生への指導の仕方などを学んでいただきました。

 

学生のサロンワークに対して適切な評価や、指導方法を行う参加者の方々

 

 

そして、2日目の研修を終え、認定証の授与!

 

 

 認定証を授与するセイファート福井幸大(左)と受け取るase山口麻代さま(右)

 

九州初となるエグザミナーが誕生しました!

研修を受けた皆様にはこれから学校の講師や試験官として活躍していただきます。

 

これからエグザミナーとして学生のために宜しくお願いします!

 

 

 

 

Request QJ Navi DAILY掲載👀

 

Request QJ Navi DAILYにて、セイファートラーニングプログラムの

アカデミー事業についてお話しさせていただきました!

 

美容教育の新たな形

〜なぜ今美容師の教育をアウトソーシングするのか〜

 

(取材を受ける株式会社セイファートの教育コンサルタント、福井幸大)

 

記事の中では、昨年度からセイファートラーニングプログラムの

アシスタント育成コース』を導入し、

来年度も継続して『スタイリスト育成コース』を活用していただく、

東京ヴァンテアンの中林さまにもお話をいただいております。

 

ぜひご覧ください☆彡

 

 

【C&G】国際ビューティモード専門学校 アセッサー研修開催!

 

3月24日(水)、25日(木)の2日間、

新潟県の国際ビューティモード専門学校さまで、

<C&Gメイクアップ・アセッサー研修>を開催いたしました!

 

国際ビューティモード専門学校さまでは、

2年次に授業を受け、試験に合格すると、City&Guildsの資格が与えられます。

 

アセッサーとは、「Asessment(査定・評価)する人」。

 

本プログラムで、学生の合否判定と評価をするのは、学校の先生たち!

 

ということで、同校では先生方に向け、年に1度メイクアップスキル及び

学生へ教えるスキル向上のための“アセッサー研修”を行っているのです。

 

 

 

この研修は、City&Guildsのメイクアッププログラムを監修している

BeSTAFF MAKE-UP UNIVERSAL

山口 啓先生と、アシスタントのTae先生に講師を務めていただきます。

 

★お二人のプロフィールはコチラ★

  

 

今回受講していただいたのは、国際ビューティモード専門学校の3名の先生方。

 

昨年受講された先生方も、モデルとして参加。本研修内容を復習していただきました。

 

まずは「メイク理論」の授業と、デモンストレーションです。

 

デッサンを用いた分かりやすい座学。皆さんメモを真剣にとります。

 

 

受講者のメモ

 

デモンストレーションでは、圧巻のメイク技術はもちろん、立ち姿勢や見せ方、

モデルさんへの配慮の仕方まで、細かくご指導いただきます。

 

マスク越しでも伝わる、笑顔あふれる研修☺

 

見て学んだあとは、いよいよ“コントロールメイク”の実践!

 

授業を想定し、制限時間を設けながら行います。

 

時間を計りながら優しく見守るTae先生

 

2日目からは、全てのメイクアップの基本形、“ソフト&シャープメイク”の実践。

 

優しく若々しい「フレッシュ」と、知性的で洗練された「スレンダー」

華やかで品格のある「フォーマル」と、妖艶でツヤのある「オリエンタルセクシー」

 

それぞれ対照的なイメージのメイクアップを4種類、

2回に分けて、モデルの半顔ずつを使って表現します。

 

半顔ずつ施すことで、ソフトな印象と、シャープな印象、それぞれの差がはっきりとわかります。

 

半顔を隠しながら、フレッシュメイクの特徴を説明する山口先生

 

反対のお顔には、スレンダーメイクを

 

1日目と同じく、デモンストレーション後は実践へ。

 

アドバイスを受けながら、半顔ずつのメイクを行います。

 

 

各々完成した全4種類のメイクの違いを、先生と確認します。

 

親身なアドバイス。メモをとる皆さんの表情も真剣に。

 

最後はアセッサーの認定証をお渡しして、無事終了です。

皆様、本当にお疲れ様でした!

 

これからも学生の皆さんに、メイクアップの

楽しさがもっともっと伝わっていきますように👏

 

  

 

 

©© CITYANDGUILDS ALL RIGHTS RESERVED.